母音 効果

Pocket

・一音が明瞭で、 聞き取りやすい声になる

・舌が回りづらい文章でも言いやすくなる

・腹式呼吸が意識しやすくなる

・喉の開きが意識しやすくなる

母音の「明るさ」の違い

母音には明るさの違いがあります。

喉の内壁の微妙な動きや、舌の位置などが、周波数を変えるからです。

最も明るいのが「い」で、「え」→「あ」→「お」→「う」の順に暗くなります。

母音と身体の関係(発声)について

「あ」

①全身に響きやすい

②胸郭、頭部に向け身体の前側

・喉をゆるめて出す母音

「い」

①縦めに響く声作ります

②声抜けの悪い人に最適

③高音出にくい人に最適(高周波の共鳴を増幅するので、声をはっきりとさせ、力強くする)

・「い」→声帯が中央でぴったり閉じるので、疲れた声を癒すにはもってこい

声をハードに使うと、声帯が腫れる。そうなると、真ん中でぴったり合わなくなる→しゃがれ声や、響のない声になる

「い」で音階を上から下に軽く歌うと、声帯の腫れを鎮め、中央できちんと閉じるように再調整できる

「う」

①頭部共鳴強く、前側がより響く

②鼻腔共鳴強いので、裏声練習にも良い

③ハミングと同じ効果あり

④呼吸気バランス作りにもよし

「う」→低周波数を促進する母音なので、喉頭が下がり喉が開く。

これは、声を深くする効果がある。声が細い悩みがある人は、「う」という母音を用いて、喉頭を下げる練習を行うと、豊かな声を作る事ができる。

「え」

①後頭部から首の後ろがよく響く

②喉空きの悪い人は、抜けが悪い

③高音でにくい人に最適

「お」

①下顎から首前面及び胸によく響く胸部共鳴強い音

②低音の鳴りをよくし、響きを集める

「母音」練習のメリット

日本語は、「子音」+「母音」の、組み合わせがほとんどです。

五十音の「か」なら、子音が「k」、母音が「a」ですね。

このように、日本語は「アイウエオ」の母音、いずれかに着地します。

その為、母音が上手く発声できれば、音の響きが良くなります。

母音の感覚を、発声練習で、体になじませる感じです。